1. 無料アクセス解析
2006-06-15 (Thu)
タラのおなかの具合が悪かったので、チェリーアイの件で
ブリーダーさんとお話する機会があった時に、おなかの
調子についても相談してみた。

症状をいうと、Dr.の診たてと同じことをおっしゃった。
それとおなかの調子の悪いときの食餌内容も教えてもらった。
それからずっと伝授されたレシピ内容の食餌を作っている。

タラも、普段と同じくらい熱心に食している。
この仔に、“不味い”という感覚はないかもしれない。
ヒト様用の手作りリゾット系だから、不味いはずはないが、
食にこだわりのあるわが家の猫だったら、まず口にしない。

お通じも通常に戻りつつあるので、手作り食にドライフード
を少しづつ混ぜていっている。
このまま治ってほしい。

なるべく安静にさせておこうと飼い主の判断で、ほぼ一日中、
ケージの中に入れている。
結構、素直に寝るからやっぱり本調子ではないよう。
それでもさすがにエネルギーが溜まっているようで、ケージ
からだすと、狭い部屋をものすごいスピードでぐるぐる走り
まわっている。…元気なのかな。

こんな感じのごはん(↓)
ojiyasan

食べ終わっても、皿を嘗め回す犬の絵(↓)
tara

食後安静中(↓)
tara1

スポンサーサイト
| 病気とか |