1. 無料アクセス解析
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-06-22 (Thu)
地面に夢中。

タラの最終ワクチン接種が終わったので、少しずつ外の地面に慣れさせることをはじめた。

今まで抱っこ散歩で近所の公園に通っていたから、外に対する拒否はなし。

タラちゃん、「異嗜症」だから、地面に降ろした途端、コンクリート上のごみに夢中。
彼の顔を、コマンドで飼い主に向かせることは不可能だった。

地面とがっつり顔がくっついて、べろんべろん舐めようとする。
拾い食いっていうのは、何かしらある物体を食べることだろうと想像していた。
落ち葉とか捨てタバコとか、糞とかの「物体」。
タラの場合は違う。砂・小石・ごみ。
すべてが口にいれるものらしい。

ちなみにわたしの可愛い姪っ子は、公園で砂を喜んで食べるらしい。
なので彼女は公園は進入禁止地域になってしまった。
お気の毒に。

うーん。
愉しくツケで歩くなんていうのは、かなり先の話になりそうだ。

今日は飼い主、タラにとって魅惑的なおやつをお散歩に持参した。
今までタラに特別なおやつはなかった。
普段のご褒美はドライフードをハナクソ程度に砕いたものだ。
今日は、タラにとって初めて食べる味覚の、正しいおやつ。
美味しいことを前もって刷り込んでおいた。

目の色を変えて喜んで喰らいつく。
美味しいようだ。

その魅惑的なおやつでつってようやくタラの顔を地面からひきはがせた。

嬉しくて気が緩んだ隙に、手にもっていたかなり大きめのおやつを
イッキに飲み込まれてしまった。

よっぽど美味しいようだ。

…先は長い、のんびりいこう。

喰らいついたら放しません、おやつがもらえるまでは!の図(↓)
tara

スポンサーサイト
| アウトドアな犬話題 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。