1. 無料アクセス解析
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-07-31 (Mon)
馬鹿になったつもりで―。

パピーのグループレッスンに毎週末、オットと一緒に通っていた。
同齢の仔犬ちゃんたちとタラを遊ばせてあげたかったのが、受講の
理由だった。
タラにとって、有意義なレッスンだったと思う。
飼い主は、他のパピーちゃんと遊べて嬉しかった。

一番印象に残ったのは、おいでのレッスン。
トレーナーさんが、おやつのような賄賂を使うよりも、最終的には、
飼い主さんの魅力で、こさせるようにしてください、とレクチャーされた。

タラがあらぬところにいっちゃう場合、そこがとても魅力的なところに
映っている。それ以上に、飼い主のところに戻るのに魅力を感じさせる、
というとても高度な内容だった。

平坦な感情でおいで!というよりも、馬鹿になったつもりですんごく
楽しい!という気持ちを飼い主がもって、おいで、とコマンドを使う。

難しいな。

魅力的な飼い主にならないと、だ。

へらへら笑って、タラに接すると、なんとなくかタラが引いているように思う。

…ちょっと違うのかな。

tara1
ご機嫌なタラ(↑)
スポンサーサイト
| ドッグトレーニング |
2006-07-30 (Sun)
昨夕のお散歩―
フレンチブルの女の子(9ヶ月)が、タラと遊んでくれた。
そこにお母さんの自転車のうしろに乗っていた男の子が、
フレンチブルちゃんとタラをみて、「これ、ブタ?」と聞いていた。

ブタが散歩するわけないじゃん…と思ったが、この公園は本当の
ブタちゃんも散歩する。

ブタちゃんかぁ…。
似てないだろ?

その前の日には、フレンチブルドッグを連れた女性が、タラをみて
「あ、同じフレンチブルドッグがいる。」と何の迷いもなく言われて、
そのままフレンチブルで通してしまった。

そんなビミョーなタラ。
tara

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-29 (Sat)
今朝のお散歩は、5時45分に家をでた。
タラが来る前のワタシではありえない行動パターンだ。
早起きは三文の徳とはよくいったもので、一日が長い。

ミニピンさんがタラと絡んでくれた。
taraVSminipin
ブレブレだけど、なんとなくこんな感じ(↑)。

♂のミニピンさんのお尻をペロペロ舐めてたり、おなかのあらぬところを
執拗にクンクンして、いいかげんなところで怒られていた。

ミニピンさんの飼い主さんが、タラの名前を知っていた。
前にも、遊んでくれたミニピンさんだったとそこで気づく飼い主。
お散歩中で会う犬のお名前を聞いても、自分でもお見事!と褒めてしまい
たくなるほど、なまえとワンちゃんが覚えられない。

だから、今日はじめて会う人だろうな、と思っていると、ふいに相手の方が
「タラちゃん。」とタラを呼ぶと、正直、大きくうろたえてしまう。
どのワンちゃんの飼い主さんで、ワンちゃんの名前はなんだったかな、と
記憶をたどる努力をするが、もともと頭にインプットされていないから
データがでてくるはずがない。

飼い主、よくクールそうに思われて近寄りがたい雰囲気をもっていると
言われるが、実はボ?とした天然系なだけなのだ。

tara

で、このミニピンさんのお名前はー
…聞きそびれてしまった。
| アウトドアな犬話題 |
2006-07-28 (Fri)
ミミズとカエル

いつも行く公園には、やたらとミミズが多い。
しかも、枝か?と見間違うほどの立派なミミズがミイラになっていたりする。

そのミイラなもしくは半分レアなミミズが、タラの嗜好をくすぐるらしく、
やたらとミミズを口にいれて、飼い主が取り上げない限り、そのまま食べてしまう。
タラの口に手をつっこむのはやぶさかじゃないが、ミミズを口から
とりだす役目だけは、本当に勘弁してもらいたい。
一度、ミイラなカエルを口にいれたときは、触った自分の手を捨てたくなった。

あ、これからの季節、蝉も落ちているのかな。

口から自らモノをだすことを覚えさせるしつけをレクチャーされたが、
なかなかうまくいかない。
どうでもいいものは比較的早く離すけれど、飼い主がやめてもらいたいモノ
ほど、頑固に咥えて離さない。
そういう時のまずいな、という飼い主の態度がまずいらしい。
なんでもないような素振りでサササととるのがいいと教えてもらったので、
できるだけリラックスして、鼻歌歌いながら、取り上げることを心がけている。
そして、離したことを褒める。
すでに口に咥えちゃった時点で叱ってもわからないんだそうだ。

ミミズ、見るだけで気持ちワルい。
蝉もバッタも、腹が怖い。
カマキリやとんぼは、首が怖い。
ご○○○なんて、言葉にするのもイヤだ。

そんな軟弱な飼い主でも、幼い頃は、わざわざ土からミミズを掘り出して、
親が飼っていた鶏の口にわざわざもっていって食べさせることに喜びを感じていた。
いいことをしたとさえ思っていた。
鶏に生ミミズをあげてよかったのかは不明。

オトナになると、こわいものが増えていく。

タラもそろそろ食べちゃいけないものとそれに怖いもの、
上手く覚えてもらわないとだわ。

今のところタラは、怖いものはないらしい。
ポジティブなタラ。

tara1


| アウトドアな犬話題 |
2006-07-27 (Thu)
今朝のお散歩―。
柴犬君とバーニーズ君とカッコいいハーフ犬君の気の良いトリオに取り囲まれて
狂喜乱舞なタラだった。
そういうシャッターチャンスなときに限って、カメラを手にしていない飼い主。

散歩の帰り際。とても満足そう。
走りまわりすぎて、ちょっとお疲れ気味かも。
それでもまだ遊びたい!と自転車から降りたい素振り。
tara1


ところでタラはよく「ウサギみたい。」といわれる。
そうかな?
tara2

ウサギじゃないので、よろしくー。
| アウトドアな犬話題 |
2006-07-24 (Mon)
正解のない犬のごはん

最近、タラは食餌の前に、口角からよだれのちょうちんを
ぶら下げる。

食餌はあって当たり前と認識しているのかと思っていたけれど、
どうも彼なりに愉しみにしているようだ。

食餌が終わったら、飼い主、しつっこく「美味しかった?美味しかった?」
と聞く。すると、鼻をべろんと舐めて、美味しかった!とお返事する…と
飼い主は自分の都合の良いように解釈する。

タラのおなかの寄生虫がようやくいなくなったようで、食餌の消化が
良くなってきた。

もっとちっこい頃には、いろんなヒトから大きくなるね、と言われて
そうか!と期待していたけれど、どうも最近は、あまり大きくならないね、
というのが、タラをみた人たちの一致した意見になってきた。

7キロ前後の中型ボストンテリアを思い描いていたワタシとしては、今、
タラは小型サイズ、小型サイズ、と脳みその保存データを書き換えている
最中だ。すんなりと変換できないのでもどかしい。

巻き返しを計ろうと、またフードの再検討にはいって、頭を悩ませている。

…やっぱり手作り食かなー。
…いや、このままオーガニックフードで、トッピングでイロイロと入れるか。
…身体を作るには、高タンパク・高脂肪・高カロリーフードだよね。

とか一人で悩みつつも、須崎恭彦氏の「愛犬のための手作り健康食」を手にして、
包丁で煮干をこれでもか!ときざんでいたりする。
須崎氏の手作り食への移行プログラム、特に葛湯はとても有効だったと思う。
でも、でも、なのだ。
そのあとが、本当にこれを続けて良いのかすごく不安。
…これでいいのかなぁー。

でもタラはよだれをたらして、ごはんを待っているぞ。
犬には好評を博している。

(たぶん続く)

book

| 病気とか |
2006-07-20 (Thu)
本日のお散歩はー、
tara
…イマイチらしい。

タラ君、毎回、毎回、見ず知らずのヒト・ワンちゃんが
君を甘やかしてくれると思っちゃいけない。

tara2
わかりましたか?



| アウトドアな犬話題 |
2006-07-18 (Tue)
tara2


へんな顔。
| インドアな犬話題 |
2006-07-17 (Mon)
お恥ずかしい話、タラはマウンティングをする。
わが家にきて、4日目にしてぬいぐるみを相手に行った。
これには、びっくり。

tara

(2006.4.16)

そして、最近はお散歩中に遭遇する気のいいワンちゃん達に
する。後ろからではなくて、頭とかサイドから攻める。
♂♀問わず、タラにとっては遊びのひとつのような意識らしい。
トレーナーさん曰く、とても品のない遊びだそうだ。
…そりゃそうだよね。

最近お世話になっているパピーのしつけグループレッスンでも
このマウンティングをするのは、タラだけだった。

ぬいぐるみやベッドを相手にするときは気をそらすか、黙って
対象物を没収することにしている。
よそ様の大切なワンちゃんにしたときは、その場でいけない、と
叱って、引きはがす。
少しずつ成果は上がっている。

今はされた相手が許してくれても、オトナになってからのその行為は
犬同士の喧嘩の原因、それに飼い主同士のトラブルのもとになる
とのこと。…オトナになってから、OK!の女の子にしたら、謝って
済む話にならない。

昨日のお散歩で10ヶ月のフレブル(♂)に激しく腰を振っちゃったタラ。
相手の飼い主さんは、遊びだからいいですよーと言ってくださったが、
やはり失礼な行為だと思うから、ひっぺがした。

「去勢」が現実的になってきた。
させたくない、というのが本音なのね。

| 病気とか |
2006-07-16 (Sun)
tara


通りすがりのおじさんに愛想をふりまくタラ。
こういう態度をワタシにはしないことに何気に気がついてしまった。
この態度、通りすがりのワンちゃんにもこうしてスリスリ寄っていく。
…いいなぁ?。

tara1


階段、うまく上り下りできるタラ(↑)
嬉しそうな顔しているからいいかな。
…でも、これはオットに向かっていこうとしている。
ちょっと嫉妬。
| アウトドアな犬話題 |
2006-07-15 (Sat)
今朝のお散歩は、5時半過ぎに家をでた。
週末なのでオットと一緒に出かけた。
ひとりだと撮れない「一瞬」をカメラに収めてくれるので有りがたい。

タラの「ほんの一瞬」のツケ(↓)
tara


実際は、ぐいぐいひっぱっられては止まり、リードをゆるめてまた歩くの繰り返し。
普通に歩く倍の時間と体力をつかうお散歩をしている。

オットと追いかけっこをするタラ(↓)
tara2


この頃にはすでに暑くなってきていた。
明日はも少し、早く出掛けようー。
| アウトドアな犬話題 |
2006-07-14 (Fri)
即時撤退。

今朝は暑かった。
公園の草の上はまだ大丈夫かと期待していたけれど、飼い主がクラッとくる
暑さだった。30分もいないで、即効で帰ってきた。

今日のタラ(↓)
暑いのと、おそらく誰(ヒト・犬)とも交流できなくて不完全燃焼気味。
ひどくつまらなさそうな顔をしている。
tara2


ちなみに昨日のタラ(↓)
通りすがりのヒトに撫で回してもらい、タラの大好きなワンちゃんと会った
後のこの顔。本当にわかりやすいな!
tara1


| アウトドアな犬話題 |
2006-07-12 (Wed)
こんな表情でみられて、飼い主、居心地の悪さを感じていた数ヶ月前。
今でもこのタラの画像をみると、なんか気持ちが落ち着かなくなってくる。
どうしてだろう?

tara


それが、
同じ仔犬だとは思えないくらいにいい表情をみせてくれる今日この頃。
飼い主、とても幸せ。

tara

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-11 (Tue)
tara3


素晴らしく、いい笑顔だと思います(きっぱり)。

本当は、
遊歩道でツケの練習するよりも、草ッパラの方が愉しいのよねー…
犬もわたしも。

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-09 (Sun)
今朝は、6時すぎに公園に行った。
いつもの犬密度を10とすると、2くらいしかいなかった。
タラは、退屈そうだった。

tara1


だーれもいませんねぇ、タラ。
tara2


最近、背中を土や草の上でスリスリする。
なんかの匂いをつけているのだろうが、今回はー、よくみたら
ドックフードだった…。
飼い主、しばし呆然。
今日は服を着せていて、よかった。

tara3

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-07 (Fri)
七夕に願いを込めてみる。

なにかあるかなー。
願い、ねー。

タラがオトナのイイ男になって、ショーデビュー。
マシュマロの創作品のような美しいプードルをうっちゃって、
キングになっちゃりしてー。

それからタラのマウンティングが実践で役立つ日がきて、
タラの子孫繁栄。

または、アジリティにでて、ボーダーコリーよりも速く走り、
シェパードよりも知的に動いて、チャンピオンになっちゃったりしてー。

タラがショーデビュー?
タラが種牡?
タラがアジリティ?

ぷぷぷっ、有り得ない。
こういうのは願いじゃなくて、妄想という。

願いはー、
オットと、寿命が尽きるまでこのまま平穏に暮らせますように。

なんて欲のないニンゲンなんだろう、ワタシって。


今日のタラ(↓)
遠くにいる犬にお座り。ジーッとみて、アピール中。
親切な飼い主さん、笑ってワンちゃんを近寄らせてくれた。
ありがとうございます。

tara

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-06 (Thu)
tara2


本日のお散歩は、飼い主・タラ共に愉しかった。
大型犬のワンちゃんが、タラとホントーに上手に遊んでくれたから。
飼い主、みていて感動を覚えた。
タラにではなくて、そのワンちゃんに。

タラと同じ高さになるくらいに顔を地面に近づけてタラの正面からのジャンプを
受けてたつワンちゃん。
タラ、なにをするかと思ったら、タラの身体全体がそのワンちゃんの頭にのっかった。
タラ、頭にのって、マウンティング体勢(!)。なんて失礼なヤツ。
ワンちゃん、その状態で力をセーブしてタラを頭でうっちゃりをかます。
タラ、地面に倒れて、喜んで、また再挑戦に挑む。

マウンティングはいけないので、飼い主確保。

それにタラとの追いかけっこも、タラの方をよくみていて、つかまらず、
離れすぎず、上手い具合に走ってくれていた。

ロングリードでタラとつながっている飼い主はへとへと。

でも、すごいなー。
犬って、そこまで気を使って遊んでくれるのね。

飼い主さんに、お礼がてら、気のいいワンちゃんですね、といったところ
介助犬なのだそうだ。ひょえー。
パピーの頃から続けてトレーナーさんにレッスンを受けているとのこと。
ちなみにお宅ではこのワンちゃん、猫とじゃれているらしい。
タラを猫と勘違いしたのかな。

元々の性格の良さに加えて、そのワンちゃんの良いところをのばせる
しつけがはいっているとこういうワンちゃんになるんだ、としみじみ思った。

タラもこういうワンちゃんになってもらいたい。

愉しかったなぁー。
な!タラ。
tara

満足そうな笑顔がみれて、飼い主、幸せ。

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-05 (Wed)
今朝は、小雨がぱらついていた。
止むだろうと高をくくってお散歩にでたら、止むどころか、
ざぁざぁ降ってきた。
それでも止むだろうと木の下で雨宿りしていたけれど、
いい加減止む気配がないのに気がついて、雨に濡れて
帰ってきた。
年とると、冷たい雨は身体にこたえる。

公園を犬を連れてお散歩していると、犬を連れていなければ遭遇
しないことに遭遇する。
渋谷あたりを歩いていそうなメイクをしている女子高校生が触らせて
と声をかけてくれたり、子供がタラに雑草を無邪気に投げつけたり、
オフリードのワンちゃんがタラに近寄ってきてくれて、遠くにいる飼い主の「おいで」に、
ワンちゃんの見事なコマンド無視にもよく出会う。

タラをフリーにする勇気はワタシにはない。
「カム!」のコマンドに、笑って走りよってくるタラ。
そして、そのままスルーするタラ。
容易に想像ができるからだ。

どんなワンちゃんにでも近寄りたい年頃なタラ(↓)

tara


おまけ
食後、満腹でご満悦な様子なタラ(↓)
tara1

| アウトドアな犬話題 |
2006-07-04 (Tue)
今朝のお散歩で撮れた画像は2枚しかない。
これ以外は、ノンストップで歩きまわっていた。
元気だなー。
体重4.8?。
少し前に購入した水に濡らして着せる服は小さくなってしまった。
買った時点でピッタリだったから、飼い主の選択ミスだ。
2回しか使っていない。
売ろうと思ったけれど、最後の使用時に泥だらけにされてしまった。
あは。

鳩に向かってお座りをするタラ(↓)
tara


朝の営み中のタラの画像(↓)
ある意味、羨ましい
>> ReadMore
| アウトドアな犬話題 |
2006-07-01 (Sat)
今朝の東京・下町は雨上がり。
明日も仕事だ、と嘆いているオットが早朝のお散歩に付き合ってくれた。
オットは、1週間ぶりのタラのお散歩。

お散歩の仕方が成長していると褒めてくれた。

でしょー。

あー、でも…
タラ、タラ、宙に浮いてるよー。
しかも、顔こわいですからー。
TARA

| アウトドアな犬話題 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。