1. 無料アクセス解析
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-23 (Sun)
2009年8月22日土曜日

お勉強14回目の記録を書きます。
これを書いているのは8月29日、明日15回目に行ってきます。ウフ

復習

「立って」

自分の足をタラの下にいれるタイミングが大切。
「立て」はCD1でも必須科目ですよ。
タラはすぐオスワリをするから、足を入れて立たせる。
お尻を下げ始めたところでのクリッカーはダメ。クリッカーのタイミングも大切、と。
ちゃんと練習しておくこと。(わかったよぉ、でももう明日はお勉強の日、ウフ)

自分の身体を動かさないコマンドを。
ヒール:手をポケットにいれて。ひざの横に手を持ってきてオヤツ。ひざの横に手をもってきてオヤツ。手の誘導なしでよくやっているでしょう。でもひざは曲げないで。(はーい。)

練習・肩だけ動かして誘導。一発で決まったらクリック、おやつ。直したり、タラの座る位置がズレたりしたらあげない。

ヒールポジションはきびしく。(ひぃー)


3歩歩く

なんか進歩じゃなく、後退しているような…(そっかな?こんなもんなんだよー)
リードを短く持ってもピンとはらないように歩くこと。
サインはださないように。タラが止まったら自分も止まるのは逆(笑!)

ヒール→一歩歩く→ひざのところでオヤツ

確実にピッタリくっついて一歩の繰り返し。位置がずれたり、直したらオヤツはあげない。
とりあえず、タラのお尻が向こうをむいていない&10センチ以上はなれていないくらいで。
フードはひざにくっつけるくらいにしてあげる。
まっすぐ歩いて離れない練習。


マテ

成功したときと失敗したときの喜びとざんねーんな差を大きくしてタラに理解させる。
座らせたら、タラの顔の目の前にパーで手をだしてハンドシグナルをする。
マテの間「イケナイ」というコマンドは不要。

練習中、そそるものをみせたらテンション上がりまくり練習にならずー。
そういうときは他のことをしよう。


オイデ

いい位置にきたときだけオヤツ
マテ-オイデを繰り返しているとタラが予測してしまうのでそうするとただの繰り返しにしかならないで覚えることはしない。たまに間でオイデのコマンドぬかして、自分がタラのほうへ行ったりする。

自分の上体をまげないでオイデ→ちょっとタラの座る位置が遠いのねー。
おやつを持った手のにおいをかがせてから。背中をのばして、お腹のところに戻して。自分からうしろに下がり「マエへ」

遠いところに座ってしまったときは、自分が後ろに下がってやり直す。
背中をまげてもいいが、すぐに戻すこと。


スピン・マワレ
得意そうなスピンは手の動きを小さく(丸を描く4分の1)。最終的には号令だけ。
まわれも同様。いずれもスムーズにできるように。

ではまた、マテを練習再開

誘惑に負けないようにしないと競技会の会場ではきびしー。(だよねー、だよねっ)





マエへは最初のうちの方がしっかりと前に来て座っていました。
このごろ、左に曲がる。
前へとヒールが声かけだけだとちゃんと区別がついていないよう。
ヒールでもなく、前へでもない位置にくるんだなぁ。

立っても、手の合図がタッチと似ているから、区別がついていないみたい。

でもこの1週間の練習で、ヒールへの理解度がかなりアップしてきてとても嬉しい。

いつも落ち着いたところで練習しているから、わたし(か、おやつ)への集中もそこそこ
あるけれど、ちょっと犬が近くを通りすぎたりする公園で練習するともうソワソワしてしまう
のが今のタラ。ソワソワじゃなくて、ワンワン、か。マテの練習のときは、トレーナーさんが
一回鳴るおもちゃを鳴らしただけでテンションアップアップ。今までの冷静さナッシング。

競技会・・・(笑。

とにかく明日も頑張ろう。
スポンサーサイト
| ドッグトレーニング |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。