1. 無料アクセス解析
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-02 (Wed)
2009年8月30日日曜日

お勉強15回目。
タラが一皮むけました。
すごーい!タラ。

復習

ヒール 大絶賛!素晴らしい!

 肩を動かさずに。でも手を動かしている。(動いちゃうんだよぉ)
 右手はおへそ、左手は「気をつけ」の形に。
 大分後ろに座るのが改善された。

 つい肩が動いてしまう。タラはほんのちょっとの動きも見ているよう。
 競技会では人のちょっとした動きでも「コマンド」として数えられて、減点になる。

 とりあえず、指だけで指示。

 タラがうしろまで下がれて、ちゃんとUターンしていい位置にいくよーに。(がんばるよ。)

 しつこいようだけれど、ヒールは百発百中を目指す。

 

ヒール→一歩→ヒール→一歩

 座るときに側から離れそうになったら、オヤツを自分の左ひざあたりにもっていきタラを誘導。
 タラが集中(アイコンタクト)しているときに動きだすこと。タラは動きだすときに目線を下げてしまう。
 ずっとアイコンタクトをとっていられると、動きがスムーズになる。

 オヤツを飲み込んでからうごきだすこと。(そりゃそーだ)

 いい状態で10歩くらい連続して歩けるようになりましょう。


オイデ

 ヒールが出来たら「マエへ」がななめに座るようになってしまった。
 タラと自分の距離が長すぎるから?
 オヤツをみせながら、自分もうしろに下がって誘導。
 タラが左右どちらかに曲がって座りそうだったら、足を出してカバーする。
 ↑これはとっても有効だった。


ヒール→オスワリ→マテ→10秒→戻る

 離れて、オイデばかりだと離れる→歩くセットとタラが覚えてしまうから、マテをはさむ。
 マテの割合を多くした方がいいかも。タラはマテがアヤシイから。

 大分できるようになってきた。
 オヤツの誘惑に負けずによくできました!

 
 こっちをみたら褒める。いつでもどこでも。褒める。タラがわたしをみたら褒める。褒める。

 
 おもちゃで遊ぶのがタラは好き。
 ひっぱりっこしているときに、タラにおもちゃをはなさせる技。
 首輪を片手でおさえて、タラがおもちゃをひっぱろうと後ろにいかないようにホールド。
 すると、あきらめておもちゃをはなす。ホント、ホント。タラがおもちゃを放したときに
 「ダセ」とかコマンドをつけておぼえさせる。
 ひっぱりっこはひっぱることがたのしいから、ひっぱれないように首輪をもつのがミソ。
 
 わたしとおもちゃであそぶことが楽しい→わたしはおもちゃで遊んでくれる楽しい人だ!と
 いうことを覚えさせるといいでしょう。
 
 1度おもちゃを放すともう戻らないとタラが思うとなかなか放さないから、あそぶ、放す、おやつ、
 遊ぶ、はなす、おやつを何度かくりかえして、放しても次があることを理解させる。


バック

 ・狭いところでオスワリをさせないように。
 ・ゴムはいい道具!→続けると血行が悪くなるからすぐとってマッサージをしよう。
  余計なものがついていると気がそちらに回るので足を意識するようになる。

立った状態で後ろに下がるトリック。
タラはすぐ座ってしまう。
その対策として、後ろ足のアンギュレーションやや下あたりに小さなソフトゴムを
つけたら、効果絶大。オスワリしなくなった!




  
わたしが油断するとまだいろんな部位からボディシグナルをだしてしまうんだけれど、声かけだけでも、タラのヒールはものすごーくよくなってきました。素直に嬉しいです。或る日をさかいに急激にできるようになったタラ。タラもきっと「わかった!」と思ったに違いありません。一生できないかもーと思っていたから、嬉しい?。

ちなみにOKがでたところをピンクにしているのはわたしのモチベーション用です。

褒められたら、すなおに受け取る。これ大事。
スポンサーサイト
| ドッグトレーニング |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。