1. 無料アクセス解析
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-06-02 (Fri)
犬のワクチン接種。
わが家のパピーなタラは2006年2月12日生まれ

3月22日にオーナー様宅で2種ワクチン接種。
4月21日に6種混合ワクチン接種。
5月17日に8種混合ワクチン接種。

これで3回。
これでOKと思いきや、Dr.が普通に「じゃあ、
ひと月後にもう一回きてください。」とおっしゃる。

そうすると犬が外にでられるのは7月初旬になってしまう。
…抱っこ散歩はしているけれど。

「なぜ?」との問いに

「仔犬は、生後120日になるまでに月に一回打ちます。」と
説明を受けた。

120日なんて基準初めてきいた。

ブリーダーさんにきいてみると、抗体価を高めるために
そうすることもあるそうで仔犬にはなにも問題ないそう。
Dr.の考えもあるから、指示どおりでよいとのこと。

しかし、パピーレッスンに来ていただいているトレーナー
さんはこの時期にワクチンの関係で外にださないでいると
犬の社会化が阻害されて、のちのち行動に影響がでると、
まさに飼い主が不安に思っていることをそのままおっしゃる。

そこで先日、他の病院に連れていったのでワクチン接種に
ついて再度聞いてみた。
こちらでDr.の考え方の違いで摂取時期や方法が違うという
前提で話を伺った。
タラの場合、1回目が2種だったので、やはり当院でもさらに
一回打ってもらいます、ということだった。
3回打つ病院でも、2種ワクチンはカウントにいれないってことだ。

では、なぜ最初に2種を打ったのだろう?
生まれたてのタラの調子が悪くてワクチンに耐えられないと判断
されたか、お母ちゃん犬から母乳をもらっていなくて、沢山のワ
クチンを打てなかったのではないか、と予想されるらしい。

どこのサイトでも、この仔犬のワクチン接種についての記述を読
むと、スッキリと統一されていないのが伺える。
読めば読むほど、仔犬の状態や、地域性、Dr.の考え、はたま
た病院の経営状態、製薬会社の思惑、等々…人間の病院と同じな
のね、と思った。

ワタシのお粗末なところは、どちらのDr.にも犬の社会化の時期を
どう思っているのか、聞かない(聞けない)ところだ。
医者の立場からすると、犬のしつけや社会化は専門外な話なんだろ
う、専門外のことは聞いても無駄だろう、ともともとヒト科の医者
に不信感を抱いている飼い主の先入観があるからだ。

ということで今日もタラを抱っこバックにいれてお散歩だ。
このひと月の差で不良犬にならないことを願うばかりだ。
タラ、大型犬じゃなくてよかったな、だ。
tara

スポンサーサイト
| 病気とか |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。