1. 無料アクセス解析
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-07-21 (Thu)
陶芸教室でドッグフードボウルを作っています。
わたしが陶芸教室に通おうと思ったのは、短吻な犬や(わたしからみると)美しいうちのネコのための
犬とネコ用のフードボウルを作りたかったからです。
コンセプトは、短吻犬が食べやすいカタチと自分がみて触れて愉しめる器。
(一応)ロシアンブルーのまおさんに似合う器。

コンセプト通りの器ができるようになったら、ネットで犬のうつわ屋さんになるのー♪と

という計画案をたてて陶芸教室に通い始めました。

えーと…本気です。

で今の状況はというと-

黒土にオリジナル白系釉薬を吹きかけてみて-
2011072101
こういう繊細なニュアンスの色合いが好きみたいと気づきー(画面でわかるかしら…)

外側。
わたし、こういうしのぎ(という削り方)のカタチ好きじゃないな、と確信したりー。
2011072106
自分の気持ちに合ったしのぎ方をみつけたいなと思ったりー。


大人可愛い柄ってどんなの?とよくわかんないうちに作ってみて-
2011072102
かわいい、ってどういうのかよくわかんないや、とやっぱり思ってみたりー。
でもカタチは好きかな、と思い直してみたり。

気づくと内側に白を多用しているなーと気づいたりー。
2011072107
内側白使いから脱出したら世界広がるかな、と思ってみたりー…。

と毎度、自分が立てたコンセプトに合った器を作るには、どういう形でどんな土や釉薬を使うといいのか、
などを作りながら思案しています。

自分の個性がカタチで表現できるようになりたいなぁ、と思っている毎日です。

どうぞ応援よろしくお願いします(土下座)。
スポンサーサイト
| 陶芸 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。