1. 無料アクセス解析
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-12 (Thu)
まおを迎えに行ったら、ノホホンとごはんを食べていた。
喉になにも通らないほど、いじけているだろうな、と思っていたけれど…予想外。
ハーフ箱すわりもしていて、快適らしい。
外からはいってきたわたしには暑く感じるくらいの暖房がきいていて、個室が思ったよりも広かったし、新しい病院だからとてもきれいで清潔。もしかして、部屋で自由にしているよりも、このくらいのケージにいた方が安心するのかしら、とふと思ってしまった。

ということで、土曜日まで入院延長しました。
足の床ずれがいまいち治りがよくないらしいです。
糖尿は、インスリン注射で100くらいまで落ちて状態がいいそうです。

猫のまおさんは、去年あたりから、シッコの回数と量がハンパなく多くなっていました。猫砂だとおっつかない状態でその対応策でペットシーツに代えました。シーツが汚れているとストレスだろうから、トイレ2つ用意して、汚れたらすぐ取り替えていました。夜も(あまりいい感じはしないんだけれど)ベッドの横にトイレ置いてあるので、したな、と思ったら夜2~3回起きて、交換している生活です。
だから大変だったんです!といいたいわけじゃなくて…、まおが入院しているこの2日間、ものすっごく熟睡できて、体がラクなんです。こんなに違うんだー、とびっくり。一日の生活のクオリティさえも違う。リフレッシュて、こういうことなんだ!て実感していて、それを書きたかったの。

糖尿がインスリンでコントロールできたら、尿量も減るだろうし、まおもわたしもラクになる。なったらいいな。と願いつつ、現状を受け入れます。
わたしもこの数日でリフレッシュできたから、また土曜日から彼女の高齢期生活に寄り添って生きていくんです。

スポンサーサイト
| ロシアンブルーなまお |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。