1. 無料アクセス解析
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-05-05 (Tue)
福助です。
2015050224

2月頃、この辺りまでタイルを貼りました。

2015050222
昨年冷蔵庫をコンパクトな冷蔵庫に買い替えました。
冷蔵庫とシンクの間に20数センチの隙間が生まれました。
最近になって、隙間に水切りかごを置けることに気がついちゃいました。
それを実行にうつしたら、シンクに合わせて貼ったタイルと冷蔵庫と水切りかごのバランスが
よろしくなくなったので、今度はタイルを追加で貼ることにしました。

2015050221

ところで、タイルの貼り方の手順をポイントと一緒に備忘録として書いておきます。

使用したタイルは名古屋モザイクタイルの美濃古窯、パールホワイト。
約30センチ角のシート状で届きます。

まずは、貼る面積に合わせて、タイルをカットするサイズを決める。
これがまた難しいです。わたし、計算弱いから。
目地幅も含めて、貼る面積に合わせるようにサイズを決めるのがとにかく苦手。

今回も、数センチ、右側の縦に余白ができちゃいました。
でも、いいの、そこは冷蔵庫の後でほとんどみえないから。
気になり始めたら、見切り材でも貼ればいいんじゃないかな、くらい。
たぶん、やらない。

このタイルは厚みが7.7ミリ程度あるそうで、タイルカッターだけでキレイに
割れませんでした。
ミニグラインダーでなべぞーさんにカットしてもらいました。
ミニグラインダーはホームセンターでレンタルしました。
わたしはミニグラインダーはこわくて使えません。
今後タイルを使うときには厚みも注意して選ぼうと思います。
2015050223
カットしたら、貼るシュミレーションします。
ここで、あれ?右側が足りなかったと気づいたけれど・・・そのまま進めました。

つづく

スポンサーサイト
| DIY |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。